女体拷問3

古来から宗教弾圧に用いられてきた拷問、若く美しい信者は厳しい拷問にかけられ、やがて自己をさらけだす。一、取調官の尋問「おまえは信者だな?素直に吐けば、おまえと家族の命だけは助けてやるぞ!」「うそよ!たとえそうであっても、素直に吐いても皆殺しにするつもりでしょ」。二、拷問棒による打擲。三、万力による手足の指つぶし。四、くるみ割りで頭部を圧迫。五、無理矢理目をこじ開けて寝かせない。六、塩やワサビを口腔内に塗り込む。七、負傷した箇所に塩を擦り込む。八、手の平に釘を打ち込む。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です