女体拷問2

この物語の舞台は半世紀に渡る内戦が繰り返されているとあるアジアの小国における政府軍の内紛を描いたものである。何者かが、女政府高官の西村を陥し入れようとして<反政府軍のスパイである>との濡れ衣を着せた。拷問官は西村に対し、厳しい取り調べを行った。一、自白剤を使っての尋問、頭痛と吐き気が彼女を苛む。二、真冬の極寒の檻、外は雪、高熱にうなされる。三、爪の先に針を入れられ、手足の爪をはがれる。四、股裂き、失神して失禁してしまう。伍、釣り鐘を被せられ、ハンマーで叩かれる。六、首締め。七、腹パンチ。八、奥歯を抜かれる。九、山芋を体中に塗ったくられる。十、強力な酸を体にかけられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です