喪服浣腸三姉妹

緊縛画家だった父の遺した絵を画廊に売却を申し出る娘「ケイ」。その絵を見て驚く画廊の娘「怜」。しばらく経ち、ケイに緊縛画のモデルになることを申し出る怜。デッサンをしていると、妖しい雰囲気の中、やがてレズの快楽へとのめり込んでいく二人。怜が帰った後、父の絵を全て売ってしまった寂しさに襲われる。愛用してた縄に父の面影を感じ遺言を思い出すのであった…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。