縛られ女郎 七瀬かすみ

この女、女郎と言っても江戸時代で云えば転び芸者、いわゆる格下の娼婦の類でありました。この女の持つ白い柔肌に惚れ込み、馴染みとなる客は後を絶ちませんでした。しかし、この女、ただそれだけで馴染み客を引いていたのではございません…。