みだら縄ただれ縄狂ひ縄 桐島千沙

過剰なまでの責め縄に絡められ縄の海に溺れ一人の女性が一塊の肉と化し浮遊するうめきあえぎ嬌声!錯乱し…美貌の淑女のおぞましいまでの変貌…これが女の求める「縄」だった閉ざされた遠い記憶の底で知ってしまった恍惚の「縄」…みだら縄ただれ縄…限りなく深い女の孤絶その闇に向かって叫ぶ男!男の「責め縄」が叫ぶ!!…狂ひ縄!!…声の限り…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です