奴隷通信 No.37

SMクラブに在籍する女。客の求めに店の求めに応じ変態倒錯の世界に身を投じ、砂のようなエセ官能に明け暮れる日々「ワタシハナニヲモトメテイルノダロウ」「ナニガホシイノ?!」「ワタシハナニ!?」…思いっきり叫びたい!泣きたい!内なる渇きに彼女は圧殺されていた。知っていながらなにもできなかった。だからいまここにいる。「愛されたかった」「正面から向き合って欲しかった」「だからうれしかった」最後に語ってくれた言葉。マジで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です