縄縛狂女の詩

時にやさしく、時にはげしく。締め付け、擦れ、絡みつく、縛られば縛られるほどに。その女奴隷ひとりひとりの個性をじっくりと引き出していく。それはまさしく麻薬のように女を酔わせ、身体が軋むほどに濡れさせていくのだった…。 ※本編中に映像と音声のずれやノイズが発生する箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。