責め縄秘画報 縄悦 其ノ五 生田沙織

耽美派“責め縄”縛師奈加あきらの縛り世界。千変万化する一条の縄、絡み合う数条の縄たちを巧みに操り、女体を艶美に悽愴に縛り上げる日本独特のSM情感。“被虐と嗜虐”の愉悦の原点、官能の原点を見つめる。第五回は、内縁の妻を生きる美貌の才媛、ただれた劣情縛りを堪能。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です