美少女 ゆり 雌肉玩具への教え

黒髪が似合う美少女ゆり。両手を縛り上げ、陰唇を陵辱、その華奢で身動きできなくなった身体を弄ぶ調教師。味わったことの無い痛みが全身を襲い、声にならない悲鳴を上げ、笑顔の消えた少女の眉間には切なげな表情が浮かぶ…。柔肌に残る縄の痕跡は、少女を妄想と現実に交錯させる…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です