「未亡人を苛む夜の縄鳴き」 未亡人縄奴隷 円城ひとみ

未亡人の和代は出版社の編集アルバイトとして、郷田一徳の家を訪れる。好色で嗜虐性癖のある郷田は和代の弱みにつけこみ、性奴隷として手もとに置く。やがて和代に好意を抱いていた編集者の野村までも…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。