剥き出し失落と覚醒の虜囚が

幼さが残る彼女の厚めのメイクが気になりながらも絞める。針金で巻かれた細首に嗚咽交じりの咳が美しい。視点が合わない眼光と小刻みに震える身体の後に待つ新たな世界へ。顔面を足で踏み抑え紐で細首を絞め上げる鬼畜な行為に興奮。徐々に耳が聞こえなくなり知らぬ間に記憶が無くなると素直な感想。手加減なしの首絞めは彼女にとって最高の経験となっただろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。