喉頭の唸り声と喘ぎ声の狭間に

日本に比べて海外は、首吊りのファンが多いです。首吊りのコミュニティも多々見かけます。私刑の記憶が色濃く残っているからでしょうか。その苦しむ様を、ハンドフリーでじっくり眺めるのが好きなようです。本作では従来の首絞めはもちろんのこと、首吊りもかなり充実しています。ロープを引っ掛けての簡易的な首吊り。そして麻縄を使った本格的な首吊り。半窒息状態でフラフラと揺れる裸体を眺めるのは、確かに蠱惑的ですね。あなたはとっちが好みですか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です