幼き咽喉に針金を巻きつけ半窒息状態

監禁飼育のお話です。その男は彼女を心から愛していました。彼女の首を絞めることは、彼にとって唯一絶対の愛情表現だったのです。彼はことあるごとに彼女の首を絞め、生死の淵を漂わせ、普段でもチョーカーのように咽喉に針金を巻きつけて、半窒息状態に置いていたのです。当然、彼女は日に日に弱っていき、そしてついに最後の時を迎えます。この究極の愛は、果たしてどのような結末となったのでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です