絞め絞め団による恐怖とトラウマ寸前

帰宅した女子学生を迎えたのは、愛する家族ではなかった。その見知らぬ男は、彼女を縛り上げ、じわじわと首を絞めつけてくる。今まで経験したこともない息苦しさに、彼女はひたすら祈るばかり。その頭上に、首吊り縄が用意されているとも知らずに…。撮影中、死んじゃう、死んじゃうと連呼していた彼女。最後はとうとう涙がポロリ。あながち嘘ではなかったようです。縄痕くっきりの首吊りシーンは見ものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です