「奴隷女の烙印」ギリシャ娘 ニコラ

快活に「SM調教を受けたい」と笑顔で部屋に入ってきた美しい金髪白人女性は日本に留学している友人を頼って来日してきたギリシャ娘ニコラさんです。私のサイトを見て、旅費稼ぎをかね、前から興味があったSM調教を異国の地で味わってみようと決心したそうです。遊び感覚ですね。しかし、侵略と隷属の歴史を繰り返したヨーロッパ民族には、支配と服従のDNAが本能的に交じり合ってるようです。ニコラも面接の時は朗らかに楽しそうに談笑していましたが、いざ調教が始まると瞬時に奴隷になりきっていました。身分が上の相手には絶対服従の忠誠心が身体に湧き出るようです。人間ということを忘れて獣のような貪欲さで喘ぎ吠え、必死に肉棒に奉仕します。実態は知りませんが白人女性の唾液は日本人女性よりもネバリ気があるようで、まるでローションを含んだ尺八奉仕に感じました。その激しい唇や舌の纏わりつき方は、獣のような…との表現しか思いつきません。光を浴びて輝きながらたなびく金髪も雌としての動物にしか見えないようになりました。自分の快楽も貪りながら発情する金髪美女…最高です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です