女腹切り作品集7 佐保子の夏~愛の骸~

まさか、自分の人生がこんな終わり方をするなんて、想像もしていませんでした…。苦悩と傷跡のたくさん詰まった私の体を切り裂いて、生暖かい血のぬくもりを抱きしめて、訊ねてみたい。この五体に、この臓腑に。さようなら、愛する人たち。 ※本編中、音声が収録されていない箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものであり、異常ではありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です