凄艶高手小手・股縄なぶり責め 仲山みゆき

白いブラウスにスカート姿の仲山みゆきを高々と後ろ手高手小手に縛りあげていきます。最初から厳しい縄をうけてせつなげに肩を震わせるみゆきの表情に、繊細な被虐の色香が漂います。嗜虐的な縛りがくわえられ、縄の愉悦感に呼吸を荒くするみゆきの可憐さ。ぎっちりと高く縛りつけられた背中の手首の痛々しさ。むごたらしい情感は見る者の心を奪います。スカートを脱がし、白いスリップ姿にしてショーツの上から股縄を掛けていきます。可愛らしいくぼみの臍と、股肉に食い込む麻縄の残酷な組み合わせは絶妙です。やがてブラウスの前をはだけ、ブラジャーをおろし乳首をのぞかせます。乳首へのくすぐり責めが軽く行われます。そして、さらにショーツの上からの股菱縄の縛り方を展開させていきます。これは仲山みゆきというガラス細工のように繊細な肉体を、より美しくフェティッシュな魅力で飾った緊縛編です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です