超巨乳なぶり・亜紀悶悦縄 近江亜紀

古くさびれた和室の中で、着衣の近江亜紀の顔面に包帯が巻きつけられていきます。そして豊満な亜紀の肉体を濡木痴夢男の縄がぎりぎりと後ろ手に縛り上げていきます。魅惑的な超巨乳の上下に、鋭く嗜虐的に食い込む細めの麻縄。早くも甘美な快楽の声をあげて、亜紀は切なく身をよじるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です