女腹切り作品集8 乃璃子さまの肖像画

美しく気高く、最高の貴婦人といわれた乃璃子さまの運命を狂わせたのはたった一枚の絵でした。それは、乃璃子さまと乙橘画伯の愛といのちの象徴でした。自らお腹を切り裂き、たくさんの血を流し、内臓を露出させ息絶える、その最期はあまりにも凄絶で哀しく、そして美しいものでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です