女腹切り作品集3 乗馬服女腹切り

古びた家屋に乗馬服の女が吸い込まれていく。長い廊下を抜けるとそこは異界・切腹ショーの舞台であった。腹に刀を刺し、おびただしい血と内臓を露出して苦悶する女。それをじっと監視する淫鉄老人。女が断末魔の悲鳴をあげて果てると老人はピストル自殺するのであった。「満州帝国も幻想。大日本帝国も幻想」であった。女の鮮血と内臓に託した幻想は亜細亜号の轟音とともに大陸の彼方に消えて行く。狂気か幻想か、赤い血潮に彩られた地の果ての夢が再び蘇る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です