緊縛之神髄1 誘拐された悠里

振袖の晴着で盛装した春原悠理が悪いカメラマンに道端で声をかけられ、一室に連れ込まれて縛られた挙句様々な写真を撮られてしまいます。晴着のままでの後ろ手縛り、海老縛り、首掛け縄、さらに斜め水平吊りや手拭いの猿ぐつわ…あまりの苦しさに悠里の目から涙がこぼれます。最後は両足もぎっちりと縛られて、掘り炬燵の穴の中へ監禁されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。