卑情縄獄千夏炎上 凄艶凄絶責め縄、千夏残酷縛り

凄愴なる加虐、責め縄に魅せられた男と、哀切なる被虐、被縛に官能する女。女が美しければ美しいほどその「残酷美」はいよいよ妖しく、官能の焔となって男と女の闇に立ち昇る…。虐げられる女囚の哀れ…あえぎ、うめき、叫び、その生々しい生理にこそ、官能の「美」を、そして倒錯の「愛」を見る。麻縄緊縛責め縄極致。あの千夏の媚体「凄艶凄絶責め縄残酷縛り」の媚態となってついに炎上!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です