依頼調教株式会社 調教ファイル1

有名プロダクション社長Kは、Sの性癖を持ち事務所の新人あみに、特別な思いを寄せていた。「あみをモノにした。調教したい。」しかし、社会的立場上リスクは背負えない。偶然ネット上で、依頼調教株式会社の存在を知る。「調教を代行?」期待と不安の中、調教を依頼する。仕事の打ち合わせという社長の命令で、あみは、とある公園に向かった。「お前があみネ」これから起る事態も知らず、あみはエージェントに連れられた。それは、二度と戻る事のできない世界への入口であった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です