エリート変態女とバツイチママ Wアナル・電マ遊び

とりあえず逃げられないように軽く縛ったら、頭を突いて膝をつかせます。ケツの位置を揃えて、ストッキングをまくったらぺちぺちしていきましょう。バツイチママは、体が硬すぎるのか、背中をそらすことができずに辛そうですね。私はしばらくいろいろな道具をガサガサ探しているのでしょう。ただひたすら、この姿勢で待たされます…。やがてローションと犬のしっぽのアナルプラグをもって戻ってきます。ママのケツにローションを垂らし変態女のケツにもローションを垂らし、ドッグテイルアナルプラグを差し込みます。二人の肛門に、犬の尻尾のアナルプラグが刺さったら…。 ※本編中に映像と音声のずれやノイズが発生する箇所がありますが、オリジナル・マスターに起因するものです。あらかじめご了承ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。