被虐女 拘束台強制嘔吐・浣腸

今回は、拘束台があります。ここに拘束してみましょうか…。ロープとボンデージベルトを使って動けないように拘束してしまいましょう。30度位のぬるま湯に30%のグリセリンを混ぜ、洗面器に入った溶液を300mlのシリンジで吸い上げ…いくぞっ…と、肛門を開かれてしまいます…。被「えぇ…やるんですかぁ…」とりあえず、言ってみただけでしょう…。もちろん私は取り合う気はありませんので、聞こえませんでした。肛門を指でグバァッと開き、シリンジを挿入します。「うぅぅぅ…あっ…あぁぅぅぅ…」ぶちゅ~…1本目が注入し終わりました。続けて2本目も注入しましょう…。5~600あるな…と、2本目もぶちゅ~っと注入完了。洗面器に残った100mlもないくらいの溶液をシリンジに吸い込みます。空気も一緒に吸い込んでしまいましたが…。はい、おまけに空気も一緒に注入しといてあげましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です