生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会 宝田もなみ

廃部寸前の写真映画部を助ける為、部員が企画した文化祭用の映画作品にヒロインとして出演を決めた美人で心優しい教育実習生。用意された恥ずかしい衣装にも耐え、つたない演技で撮影に望むが、容赦なくダメ出しされ、演技指導か何なのか、卑猥なポーズに縛り上げられ撮影は進む。白熱する過激な内容、次第に不信感を抱く女に、部員は、実は映画ではなくAVの撮影に路線変更したと告げる。時すでに遅し、青い性欲が爆発する!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です