レスボスの掟 奴隷嫁は義母の性玩具

身寄りがなく母親に甘えることが夢だった明日香。結婚し姑となったしおりは綺麗で優しい、理想の母親像であった。母性愛を求めたつもりが嫁姑以上の関係になり、幸せな生活が始まると思った矢先、明日香の父親のせいで旦那の昇進の夢が絶たれてしまう。大事な息子を傷つけた恨み、そんな女と求め合ったことへの後悔。しおりの明日香に対するいびりは熱を帯び、過激になっていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です