奴隷サーガ2 首輪の凌犬

寂れた廃工場に響き渡る悲痛な叫び…牝犬として調教され弄ばれる女の姿がそこにはあった。犬の様に這い、犬の様に食い、犬の様に鳴き、全てを忘れて獣となれ!重い鎖と冷たい首輪で繋がれた、鉄よりも固い主従の絆。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です