インモラル女校生10 日高ゆりあ

締め切りを過ぎてもスランプに陥ったままの中年小説家は、偶然見つけた女校生と淫らな戯れに耽る淫夢をみる。無知で未熟な肉体を激しく責めたてられ、漏らす苦悶とも快楽ともつかぬ甘い声…。そんなある日、彼女が偶然にも氏の自宅に訪れて…。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です