お仕置きの放課後 折檻娘 木崎明夏

「ごめんなさい!もう…許して下さい。」涙ながらに許しを乞う凄艶なる乙女・明夏。生徒を思うが故の“愛”の下に施される情け容赦ない“仕置き”の数々。謝っても、泣きじゃくっても許されない、止めど無い苦痛と恥辱の無限折檻地獄。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です