忍び寄る死からの足音心乱しながら…

耐え難いはずの首虐めに何故か興奮を抑えられない…。苦しいだけの行為と思いきや、意識が遠のいてきた先に、かすかに見える桃源郷。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です