天海ゆり 意識喪失

いい感じで始まった。とても和やかに、笑顔が溢れていた。大丈夫、この撮影なら楽に行ける…そう思ったに違いない。ボディーブロウはジワジワ効いてくる。いつの間にか涙が頬を伝い、唇から唾液が滴り落ちる。気が付いた時には、おなかを押さえてのた打ち回っていた。ゆがむ内臓、きしむ胃袋、最後の一撃が“みぞおち”を捉える。それは、確実に失神を導いた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です