アクシデント

最初は、女の子を殴る役のはずだった。演技臭いパンチは、適当に終了させた。そこで、本番のスタッフが登場。廊下ですれ違いの時は初対面。そこから始まる、本物のパンチ。好きなSEXの体位をさせる。気分を出させる。拳は、股間を擦りつける。濡れた股間は無視。力の抜けた“みぞおち”に拳を振り下ろす。失神しても、さらに殴る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です